入居する前にチェックしておきたい!介護施設の食事における基本知識や情報まとめ

このサイトでは、介護施設に入居する前にはぜひチェックしておきたい、施設の食事における基本知識や情報について紹介しています。
また、好き嫌いが多い人が施設に入所する場合に対応が可能かどうか、施設の朝食はパンとごはんを選ぶことができるかどうかなどについても紹介します。
施設での飲食は入所した後の生活の質を左右する大切なポイントなので、入所を考える前には今回紹介する内容をしっかりとチェックしておきましょう。

入居する前にチェックしておきたい!介護施設の食事における基本知識や情報まとめ

介護施設における食事は、入居者にとっては日々の大切な楽しみの1つとなっており、食事の満足度が日常生活への充実度を左右しています。
そのことから最近では、バラエティー豊かな献立を提供する介護施設が増えています。
その一例として、朝食をパンとごはんから選べるシステムにしていたり、料理のメニューも入居者の好き嫌いに合わせて選べるようにしている介護施設も増えているのが実情です。
また、入居者の咀嚼能力に対応した嚥下食や生活習慣病に対する療養食の提供も多くの施設で行われています。

介護施設の食事のメニューはどのようなものがあるの?

日本は超高齢社会と言うこともあり介護施設は沢山ありますが、これからこういった施設に入ることを考えている人にとって気になるのは食事のメニューはどのようなものがあるかと言う点です。
栄養のバランスを考えてくれるのか気になるところなのでよく確認しておくことが大切ですが、殆どのところは三食の栄養のバランスを考えて献立を組み立てています。
また栄養面だけではなく食欲が湧くような彩りや見た目も工夫していますし、その土地ならではのご当地メニューを考えているところも多いです。
無性にカップラーメンが食べたくなってしまうこともありますが、多くの介護施設ではカップラーメンも用意しているので好きな時に食べることができて大変便利です。
介護施設では入所者が楽しめるように様々なレクリエーションが用意されていて、寿司や鰻などを選べる出前デーがあるところも沢山あります。
このように介護施設では栄養のバランスの取れた食事を提供しているのでこのことで迷うことはあまりありませんが、どのような形で出されるのかに関しては違いがあるのでその点については予め確認しておいた方が良いです。

介護施設の食事は元気なときは自分で買いに行っても良いの?

介護施設ではほとんどが要支援となっていますので、足腰が強く外に出たいといったお年寄りがおおいのは事実です。
食事もよくとり、元気な人ほど外で買い物をしたいという強い思いもあるようです。
本人が買い物をしたいと思っても、そのことは禁止されています。
なぜならその間にトラブルに遭遇したら、介護施設に責任を問われるからです。
このことはどこの施設も守られています。
どうしても出たい場合は施設の職員が伴うかたちになります。
元気なときは誰でも出たがります。
気持ちはわかりますがそこのことはできないのです。
出たいモチベーションアップは気持ち的に大切ですが、モチベーションアップと実際とは違います。
あまりにも気力のある方は、施設に入所する必要はないですから買い物を希望される方はほとんどいないと思ってください。
いつまでも健康でありたい気持ちを持ち続けることは本当に必要なことなのです。
ことのことは誰にでもいえることはでないでしょうか。

介護施設の食事ではアルコール類は禁止なの?

お酒が好きな人は、お酒を飲むことで心地よさを味わうことが出来ますしストレス解消にもなります。
また、少し飲むと夜ぐっすり眠れるという方も多いようです。
自分一人で飲むことも出来ますが、気の合う人たちと一緒に飲むならより一層楽しい雰囲気を味わうことが出来ます。
しかし、高齢になり自分もしくは夫婦だけで生活をすることに困難を覚えて介護施設に入居することになった場合、介護施設の食事でアルコールは楽しむことが出来るのでしょうか?じつは、この点に関しては施設によって異なるというのが答えです。
ある介護施設では適度な量のアルコールを食事の際に楽しむことは許可されていますが、別の介護施設では持ち込みそのものが禁止されているところがあります。
それで、入居したいと思う施設が見つかったならその旨をあらかじめ聞いていおくなら入居後になって、嫌な思いをしたりがっかりせずにすみます。
許可されていたとしても、適度にしましょう。

介護施設に入居者の身内が食事を持ち込むのは可能?

高齢化社会では介護施設の充実度が関心を集めていますが、細かな制約なども知っておくことでスムーズに入居ができます。
毎日の事では食事がありますので、栄養を考えて用意されるのが健康にも安心できる点です。
では介護施設に身内が食事を持ち込むことはできるのかどうか、基本的に全くダメということではなく制限をされる施設が多いです。
例えば外から持ち込んだ食べ物では、賞味期限切れを起こしていると食あたりによって腹痛を起こすこともありますし、何かしら施設側が把握していない物を食べていると、対処に困るからです。
前もって何をもっていくのか施設側に話をして、持ち込むことができると考えたほうが無難といえます。
しかし、家族が面会に来て気軽な感じであれば、問題なく持ち込んでも大丈夫なところが多いです。
何かのトラブルに繋がることは避けたいので、制限はされますが家族と一緒にいることで元気が出るのであれば、全く問題にはなりません。

"

に関する情報サイト
介護施設の食事に関する基礎知識

このサイトでは、介護施設に入居する前にはぜひチェックしておきたい、施設の食事における基本知識や情報について紹介しています。また、好き嫌いが多い人が施設に入所する場合に対応が可能かどうか、施設の朝食はパンとごはんを選ぶことができるかどうかなどについても紹介します。施設での飲食は入所した後の生活の質を左右する大切なポイントなので、入所を考える前には今回紹介する内容をしっかりとチェックしておきましょう。

Search