好き嫌いが多い人は介護施設の食事で対応できる?

好き嫌いが多い人は介護施設の食事で対応できる?

介護施設の食事は、レストランのようにメニューを見て注文できるわけではありません。
入居者全員の食事を施設内の厨房で調理する、もしくは委託業者から配達してもらう形式となるため、好き嫌いが多い人は食べられないものばかりの日もあるかもしれません。
満足できる食生活を実現するためには、入居する前の下調べが重要です。
介護施設によって規定が異なるため、できる限り好みに合わせた献立を作ってくれる施設を選ぶのが賢明です。
ただし、栄養バランスや健康を考えて作られているメニューなので、我儘を通しすぎるのは良くありません。
どのようなメニューが提供されているかは、見学の際に献立表を見るとわかります。
また、介護施設では1週間から1ヶ月の献立表が配られるので、事前チェックして嫌いなものが多い日はお弁当を注文するなど、外部の業者を利用するという手もあります。
できるだけ好き嫌いなく食べた方が良いので、一度試してみてはいかがでしょう。

介護施設選びのポイントの1つは食事における栄養面

介護施設選びというと、立地だったりアクセス性や周辺環境、施設の雰囲気などが比較検討のポイントになるのではないでしょうか。
確かに快適かつ安心して過ごせるのが理想的ですが、生活をする場ということを考えると、食事にも目を向ける必要があります。
味つけや量、衛生面も重要なポイントですが、口にするものはやはり栄養面が無視できないです。
具体的にはバランスや1日に必要な十分な量が摂取できるかどうかで、過不足なく健康維持に役立つ食事ができるのが望ましいです。
栄養面に力を入れている介護施設は、管理栄養士のように有資格者を配置して、施設内で調理を行い施設の利用者に提供しています。
献立を考えたり限られる予算を無駄なく配分しなくてはいけないので、提供される料理が良く考えられている介護施設はそれだけ本気で取り組んでいる証拠だといえます。
介護施設は結局のところ特定のポイントだけでなく、総合的に魅力や価値があるか評価して選ぶことになりますが、優先順位をつけて評価することに重要性があるのは間違いないのではないでしょうか。

に関する情報サイト
介護施設の食事に関する基礎知識

このサイトでは、介護施設に入居する前にはぜひチェックしておきたい、施設の食事における基本知識や情報について紹介しています。また、好き嫌いが多い人が施設に入所する場合に対応が可能かどうか、施設の朝食はパンとごはんを選ぶことができるかどうかなどについても紹介します。施設での飲食は入所した後の生活の質を左右する大切なポイントなので、入所を考える前には今回紹介する内容をしっかりとチェックしておきましょう。

Search