介護施設の朝の食事はパンかごはんか選べるの?

介護施設の朝の食事はパンかごはんか選べるの?

高齢化社会となった昨今、60歳以上の方であればどなたでも希望する介護施設に入居ができるようになりました。
これから自宅ではなく施設で暮らそうと考えられている方も多いでしょうが、どのようなルールが介護施設で用意をしているのか知らない方が大半です。
そこでここでは簡単に、食事について見ていくことにしましょう。
介護施設では3食を準備され、一般的には給食と呼ばれます。
朝だとごはんのほかに、パンを好まれる場合もあります。
介護施設では随時お好きな食事を依頼できるので、入居時に希望するものをリクエストすると良いです。
ただし、持病を持っている場合だと塩分を控えめにする工夫もされるので、お好きなものが食べられないケースもあります。
パンでも減塩タイプとなるので、その点は考慮をしないといけません。
毎日日替わりで出されることもあり、毎日何がでるのかを楽しみにするのもおすすめです。
デザートなども出るので、遊び心のある内容となります。

介護施設での食事はみんなで食べるのがおすすめ

介護施設での食事は個室で個別に用意されたり、リビングルームに入居者みんなが集まって食べるなど様々な方法が採用されていますが、最もおすすめなのがみんなで食べる介護施設です。
個室ではプライバシーが守られたり自分のペースで食べられるというメリットがある一方で、おしゃべりをする相手が居なかったりヘルパーさんの目も届かないことがあります。
一方、リビングルームを利用する場合には他の入居者の方のコミュニケーションが取れる貴重な機会になるのと同時に、ヘルパーさんからの目も届きやすく、万が一問題があった場合にはすぐに対応したり担当医に繋げることも可能です。
もちろん入居者自身の好みや性格なども考慮して、本人にとって最も快適に過ごせる方法を選択するのがいちばんですが、相対的には他の入居者とヘルパーさんが集う場所で食事をする方式を採用している介護施設ならば様々なメリットと安心安全が得られることから選択する方が増えています。

に関する情報サイト
介護施設の食事に関する基礎知識

このサイトでは、介護施設に入居する前にはぜひチェックしておきたい、施設の食事における基本知識や情報について紹介しています。また、好き嫌いが多い人が施設に入所する場合に対応が可能かどうか、施設の朝食はパンとごはんを選ぶことができるかどうかなどについても紹介します。施設での飲食は入所した後の生活の質を左右する大切なポイントなので、入所を考える前には今回紹介する内容をしっかりとチェックしておきましょう。

Search